桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)

七十二候・大暑の初侯「桐始結花:きりはじめてはなをむすぶ」の時節(7/22~7/26)に変わり、桐の実がなり始める頃となった。桐は4~5月に開花を迎え紫色の花をつける。ちょうど土用のこの時期、咲いた花の実の房に隣り合うようにまだかわいい姿の桐の翌年の蕾をつける。これが「結花」の語源になっているという。桐は古来より高貴な木とされ、家紋や紋章に取り入れられてきた。現代では内閣総理大臣の紋章や、500円玉にも桐が使われている。

二十四節気では一年でもっとも暑い季節、大暑に入ったが、あいにくの雨である。2020年の日本はこれまで冷夏の様相を示している。7月下旬になっても梅雨明けせず、雨模様が続いている。太平洋高気圧が張り出すまで、日本に梅雨前線が停滞し続け、中国長江中流域に豪雨が続くのだろう。天気予報が示すように8月まで雨が持ち越すことになれば、日照不足で野菜が育たず、稲穂に実が入らない。歴史的な冷夏と食糧危機が心配される。


はやり病の起源について、秘密の扉からパスワードを入力して、オリジナルページへお越しください。

二十四節気 七十二候 名称 意味
大暑(7月22日ごろ) 初候 桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ) 桐の実が生り始める
次候 土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし) 土が湿って蒸暑くなる
末候 大雨時行(たいうときどきにふる) 時として大雨が降る
立秋(8月7日ごろ) 初候 涼風至(すづかぜいたる) 涼しい風が立ち始める
次候 寒蝉鳴(ひぐらしなく) 蜩が鳴き始める
末候 蒙霧升降(ふかききりまとう) 深い霧が立ち込める
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。