半夏生(はんげしょうず)

七十二候・夏至の末侯「半夏生:はんげしょうず」の時節(7/1~7/6)に変わり、烏柄杓(からすびしゃく)が生える頃となった。「半夏」は烏柄勺というサトイモ科の薬草で、地下にある球茎の皮を取って乾燥したものが漢方薬の生薬「半夏」である。

夏至から数えて11日目の7/2(2020年は太陽黄径が100度となる日は7/1)、この日までに農家の人達は田植えを済ませ、どんなに気候不順な年でもこの後は田植えをしないという。半夏生の頃には、天から毒気が降るとか、地面が陰毒を含んで毒草が生えるなどという言い伝えがあり、この時季に筍・わらびなどを食べることや種を撒くことを忌む風習であった。半夏生までに田植えを済ませた農家は、この日の天候で稲作のできを占う。


はやり病の起源について、秘密の扉からパスワードを入力して、オリジナルページへお越しください。

二十四節気 七十二候 名称 意味
夏至(6月21日ごろ) 初候 乃東枯(なつかれくさかるる) 夏枯草が枯れる
次候 菖蒲華(あやめはなさく) あやめの花が咲く
末候 半夏生(はんげしょうず) 烏柄杓が生える
小暑(7月7日ごろ) 初候 温風至(あつかぜいたる) 暖い風が吹いて来る
次候 蓮始開(はすはじめてひらく) 蓮の花が開き始める
末候 鷹乃学習(たかすなわちわざをなす) 鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。