閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)

七十二候・大雪の初候「閉塞成冬:そらさむくふゆとなる」の時節(12/7~12/11)に変わり、灰色の冬空に天地が塞がる頃となった。厚く垂れこめた雲に、天と地の気が塞がれ、本格的な冬となる。熊が冬眠に入り、南天の実が赤く色付き、雪が降り始める。生き物が活動を控え、深閑とした冬が大地を覆う。漫画でよく使われる「しーん」という言葉(擬態語)は、この深閑という言葉が由来ではないか。

都はまだかろうじて凛と晴れる青空も覗く。まだ葉を落とさず残っている紅葉も見えるものの、風は突くように冷たくなってきた。「冬日」「真冬日」という言葉も聞かれるようになる。「冬日」は一日の最低気温が摂氏〇度未満の日のこと、「真冬日」は最高気温が摂氏〇度未満の日のことである。


秘密の扉を開くパスワードを入力してください。

二十四節気 七十二候 名称 意味
大雪(12月7日ごろ) 初候 閉塞成冬(そらさむくふゆとなる) 天地の気が塞がって冬となる
次候 熊蟄穴(くまあなにこもる) 熊が冬眠のために穴に隠れる
末候 鱖魚群(さけのうおむらがる) 鮭が群がり川を上る
冬至(12月22日ごろ) 初候 乃東生(なつかれくさしょうず) 夏枯草が芽を出す
次候 麋角解(おおしかのつのおつる) 大鹿が角を落とす
末候 雪下出麦(ゆきわたりてむぎいづる) 雪の下で麦が芽を出す
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。